パーキソン病

Q&A 無料メール相談 求人案内 高松鍼灸院ブログ MOBILE SITE
ながはま歯科クリニック
HOME»  パーキソン病

パーキソン病について

当院へ来院される患者様の多くは抗パーキンソン病薬の長期投与で薬の効きが悪くなったり、色々な副作用で悩まされている方です。パーキンソン病は、脳の神経細胞の一部が変性し、体が思うように動かなくなっていく進行性の病気です。 1817年にイギリスのパーキンソンが報告した病気で、パーキンソン病と呼ばれていますが、震戦(手のふるえ)麻痺ともよばれています。 原因は色々と研究されていますが、自律神経の乱れに起因する脳の血流障害という説もあります。 発病は50〜60歳代の初老期以降に多く、女子よりも男子に多く見られます。発症率は10万人に100人の割合といわれますが、 超高齢化社会を迎えるにあたり更に患者さんが増えてくることが懸念されています。西洋医学では未だに根治療法(完全に治す治療)は無く、ドーパミンを使って症状をある程度改善する対処療法ですが、ドーパミンが段々効かなくなっていくため進行を止めることは現在の所難しいとされています。 典型的症状: 寡動・無動(動きが鈍くなる、仮面様顔貌、小字症)、振戦(手足のふるえ)、筋固縮(筋肉のこわばり)、姿勢反射障害(姿勢の異常や突進歩行)、などの運動症状がみられます。 このほか、便秘に代表される自律神経症状、うつなどの神経症状(非運動症状)もみられます。また、患者さんの中には腰痛、頚部痛や手足のしびれなどの感覚障害を発症することが多いようです。

鍼灸とパーキンソン病

自律神経のバランスを整え脳の血流を改善できれば、進行を食い止めることができる可能性があることがわかってきました。 また、鍼治療によって脳内ドーパミンが増えることもわかってきました。 鍼治療は血液等の流れを促進し、自律神経系の機能を調整し、筋肉の緊張を緩めてくれます。 当院においては、当院独自の全身治療で脳に直接刺激を与え、神経伝達物質(ドーパミンなど)の分泌を促進する治療を行っています。 パーキンソン病(パーキンソニズム含む)特有の振るえ、筋肉の強ばりの改善と進行を遅らせることが可能です。また、便秘、うつ症状、痛みなどの非運動症状に対して薬物療法ではなく鍼灸治療での改善が期待できることから西洋医学との組み合わせによる相乗効果が得ることができます。 また進行は20年から30年かけて進んでいきますが早期(ヤール1・2)に治療を開始することで日常生活に支障が出ない良好な状態を維持することが我々の研究で解りました。ですから成るべく早期に鍼灸治療を開始することをおすすめいたします。

福田-安保理論

新潟大学大学院歯学総合研究科教授の安保徹氏と昌平クリニック・福田医院医師の福田稔氏によって提唱された理論で、白血球と自律神経の関連を現しています。 両氏によれば白血球中の顆粒球にはアドレナリン、リンパ球にはアセチルコリンのリセプター(受容体)があり、顆粒球は交感神経(アドレナリン)に反応して活性化し、リンパ球は副交感神経(アセチルコリン)に反応して活性化することがわかりました。 このことによってパーキンソン病と自律神経の関連がより明確になり、パーキンソン病の場合は自律神経優位になっていることがわかりました。 交感神経と副交感神経がバランスよく働いているときの白血球は顆粒球54〜60%、リンパ球が35〜41%という比率に保たれています。 しかし、パーキンソン病の場合、顆粒球の数が極端に多く、リンパ球が少なくなります。 つまり、パーキンソン病は交感神経が過度に緊張しているために脳の血流が悪くなり発症したことがわかってきたのです。 鍼灸治療では脳(とくに大脳基底核)への血流を促進し、黒質の神経細胞を修復し、ドーパミン放出の減少を止めることに注目しています。

当院の鍼灸治療について

パーキンソン病は進行性でありますが鍼灸治療を継続することで良い結果を得ております。 当院では症状が軽度な方から歩行がままならない方まで、色々なステージの患者様が来院されています。 鍼灸治療により、生活の質が少しでも向上し、また、イキイキと身体が思いのままに動かせるようお手伝いをさせていただければこの上ない喜びです。

このような症状でお悩みの方はご相談ください

  • 歩行困難でお悩みの方。
  • 西洋医学の薬などの副作用にお悩みの方。
  • 振戦の症状にお悩みの方。
  • 筋肉の緊張による肩・背中の凝りにお悩みの方。
  • パーキンソン病による自律神経失調症にお悩みの方。
  • 姿勢のアンバランスによる腰痛や足の痺れなどでお悩みの方。
PageTop