美顔鍼

Q&A 無料メール相談 求人案内 高松鍼灸院ブログ MOBILE SITE
ながはま歯科クリニック
JMCAA認定
HOME»  美顔鍼

当院の美顔鍼は日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)が推奨する立体造顔美容鍼®の技術を採用しております。
エステとは違い、美容整形とも違う自然な形で内から美しくなれる医療を皆様にお届けできたらと思います。

立体造顔美容鍼®とは

東京麻布にある『麻布ハリーク』の美容鍼技術「ハリークメソッド」をベースに、解剖学・生理学・皮膚科学などの医学的基礎知識を加え、医師の監修のもと構築された安全かつ効果的な美容鍼技術です。この技術は美容鍼が一般消費者から見てより信頼される美容法になるために考案されました。また、立体造顔美容鍼®は城野親德医師が総院長を務める「シロノクリニック恵比寿本院」にて採用されています。

【日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)】役員

協会代表 麻布ハリーク 岡本真理氏
協会副代表 肌リジェ 田中一行氏
代表顧問 シロノクリニック 総院長 医師 城野新徳氏
顧問 (株)ビューティートップヤマノ 【山野愛子美容室 】 山野博敏氏

1.解剖学に基づく技術

美容鍼は、美容外科以外に直接表情筋にアプローチできる数少ない美容技術であり、その作用こそが美容鍼の有効性の重要なポイントとなります。
お顔の筋肉・骨格の位置やその働きを正しく理解することで、より安全かつ効果的にアプローチしていきます。

2.生理学に基づく技術

より高い効果を求めるために低周波治療器(パルス)による通電刺激も行い皮下組織や筋肉組織に働きかけます。
通電刺激を行うことでお顔のコリなどのこわばりを改善し、更に持続可能なリフトアップ効果を得ることができる安全かつ有効性の高い技術となっています。

3.皮膚科学に基づく技術

皮膚や皮下組織に様々な種類の施術、照射、薬剤投与を理論的施術する美容皮膚科と同様に、鍼が皮膚や皮下組織へどのような影響を与えるのかについて、その理論を正しく理解したうえで、安全かつ効果的にアプローチしていきます。

【日本メディカル美容鍼協会(JMCAA) 技術認定院】

立体造顔美容鍼®の主な適応

  お顔の悩み
☑ 小顔・リフトアップ
☑ 顔のたるみ
☑ あご周りのたるみ
☑ エラが張っている
☑ 目をパッチリさせたい
☑ 顔の左右差が気になる
☑ ほうれい線やシワ
☑ 肌荒れ・お肌のくすみ

たるみ

顔のたるみには3つの原因があります

1. 肌の弾力の低下
2. 筋肉のコリ
3. 筋肉の老化・衰え
 


※効果のご実感には個人差があります。施術の効果を約束するものではありません。

美容鍼は顔のたるみの3つの原因にアプローチできます。

 

顔のたるみの3大原因
1. 肌の弾力の低下
2. 筋肉のコリ
3. 筋肉の老化・衰え
美容鍼は
1. コラーゲン・エラスチンを増やす
2. 顔のコリをほぐす
3. 筋肉を活性化する
 

小顔・リフトアップ効果

※効果のご実感には個人差があります。施術の効果を約束するものではありません。

シワ

シワには3つのタイプと原因があります

  1. 小ジワ(目尻、口元など)
1. 紫外線・乾燥が原因

2. たるみジワ(ほうれい線など)
2. 顔全体のたるみが原因

3. 表情ジワ(みけん、笑いジワなど)
3. 表情筋のクセが原因

美容鍼は3つのシワにアプローチできます

1. コラーゲン・エラスチンを増やして小ジワのキメを美しく

2. 顔のたるみを引き上げてたるみジワを改善

3. 表情筋をゆるめて表情ジワを改善

シワ・ほうれい線 ~美容鍼イメージ~

 

写真のように、気になるシワに直接鍼を打っていきます。
真皮層も刺激して、ツヤツヤのお肌を目指しましょう。

※鍼の本数を増やす場合は別途料金がかかります。

クマ

目の下のクマには3つのタイプと原因があります

青グマ・・・疲れや睡眠不足による血行不良などで青く見える
・黒グマ・・・目の下のたるみ、皮膚のへこみなどで影が目立つ
茶グマ・・・アトピーや化粧品などによる色素沈着・角質肥厚


クマはお体全体の調子を現している事が多いので、気になる方は一緒にお体の鍼もお勧め致します。

目の下のクマに、美容鍼はなぜ効く?

美容鍼は
1. 目の疲れに効くツボに鍼をして
1. 目の周りの血流を改善する

2. 筋肉を刺激して
2. 目の周りのたるみを改善する

3. 肌のターンオーバーを早めて
3. 色素沈着をふせぐ


※目の周りは内出血が特に目立ちやすいので特に注意が必要です。

立体造顔美容鍼®施術の流れ

初めに問診表のご記入をお願いし、その後カウンセリングにてお悩みや施術方法等をご説明致します。


首周りのほぐし

顔の筋肉のほぐし

フェイスラインの施術
 
 
シワなどへの施術

微弱電流を流す
 

 

美容鍼の効果的な通い方

美容鍼の効果は、多くの方が初回からご実感いただけます。
理想的なインターバルとしては、初回から3カ月目までは、1週間~10日に1回程度お通いいただくことで、その効果が定着します。
4カ月以降は、美容鍼の効果をさらに向上させるために、2週間~1カ月に1回程度お通いいただくことをお勧めいたします。

※施術の効果や効果の持続時間には個人差がございます。

リスクについてのご説明

美容鍼による内出血について

お客様の体調や体質によって内出血することがあります。
鍼が毛細血管を微小に傷つけることにより出血し、血管外に漏れた血液が皮下に残ることで発生します。
鍼による内出血は、身体をぶつけてできる青あざと似ています。
ほとんどの場合、数日~2週間程度で自然治癒して消えます。
目やアゴ周りは、特に内出血が目立ちやすい箇所です。
コンシーラーなどの化粧品を使うことで目立たなくなります。

内出血の経過

大きめの内出血でも殆どが2週間以内に消えます。
下のようにメイクをすると目立たなくなります。


※当院ではご同意頂ける方のみの施術となります。

PageTop