院長紹介

院長紹介 Staff

【院長/鍼灸学士】高松 季央(たかまつ きおう)

【院長/鍼灸学士】高松 季央(たかまつ きおう)

“ふるさと岩国の皆様のお役に立てたら幸いです”

こんにちは院長の高松です。当院では「丁寧」「親切」「安心・安全」をモットーに地域に信頼される治療院を目指しております。 これまでクリニックや治療院で5万人以上治療してきました。この経験を活かし、東洋医学、西洋医学両方の観点から痛みや不調に悩む方々また、ガンの術後ケア(痛み、食欲不振、便秘など)や難治性疾患、更年期障害などによる不調軽減を目的とした治療も行っています。

特にパーキンソン病に関しては進行の抑制や症状軽減に対する治療を行っております。ご相談も受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡いただけたらと思います。


【業績】
  • 脳血管性パーキンソン症候群に対する鍼灸治療の長期効果
  • パーキンソン病に対する鍼灸治療の長期効果
  • 新しい関節リウマチに対する配穴と鍼灸治療の効果
  • 心身症における短脈の出現率と鍼灸治療の効果など

【所属】
  • (公社)日本鍼灸師会
  • (公社)山口県鍼灸師会
  • (社)全日本鍼灸学会
  • 日本メディカル美容鍼協会所属
  • 長野式臨床研究会
  • 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ)

【趣味】
スノーボード、テニス、旅行、読書、山登り、写真(初心者)、座禅

【好きなこと】
  • 大自然の中でのんびりすること
  • すばらしい自然の写真撮影を求め旅をすること
  • 異文化に触れること
  • 語学(英語、中国語)

略歴

1999年 明治鍼灸大学入学(現明治国際医療大学)
2001年 はり師・きゅう師国家資格取得
2002年 同大学臨床研修生
2003年 長野県佐久市水嶋クリニック勤務
西洋医学の補完的治療に従事
2007年 水嶋クリニック東洋医学研究所 主任
パーキンソン病を専門とする
2009年 広島市光ヶ丘鍼灸院 勤務
整形外科疾患の治療に従事
2011年 高松鍼灸院開院
2014年 山口県鍼灸師会 理事
2018年 日本メディカル美容鍼協会認定鍼灸師

スタッフ

スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ちしております。
※英語を話せるスタッフもおります。

恩師 水嶋先生より

高松先生 鍼灸院御開業おめでとうございます。 鍼灸治療はまず鍼灸の適応を判断するための現代医学的診断学が必要とされます。そのうえで鍼灸治療に必要な東洋医学的な専門的知識が必要です。ですから、鍼灸医学的にはふたつの理論と学問の勉強が必要なのです、そのため鍼灸の習得は難しいといわれるのです。高松先生はその両方を熱心に勉学され修練を積まれてきました。鍼灸治療は痛いところの治療と思っている方が多いのですが、人体の痛みには3種類あります。

  • 局所の痛み
  • 脊髄由来の下行抑制系の痛み
  • 大脳由来の大脳辺縁系の痛み

局所の痛みには薬や注射でもよくなるのですが、2.の脊髄由来の痛みや3.の大脳の痛みには鍼灸治療しか効かないのです。ですから鍼灸治療が広く一般に支持されるのです。

しかしこの脊髄の痛みや大脳の痛みを治療するには鍼灸学の深い知識が必要です。高松先生は痛みのメカニズムの研究を優秀に習得されました。ですからどんな痛みの方でもまず相談に行ってみてください。鍼灸治療やその他の療法にも精通されていますので、相談にのってくれます。

また最後に鍼灸治療は痛みの治療だけではありません。自律神経の調節機能も鍼灸治療はできるのです。実はこれが鍼灸治療の基といわれるもっとも重要な部分です。つまり自律神経に由来する疾患、たとえばアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患や関節リウマチや強皮症といった膠原病、またパーキンソン病や筋萎縮性側策硬化症などの神経難病や自律神経失調症などの種々の疾患に効果がある治療法が鍼灸治療なのです。

高松先生は自律神経の勉強も熱心にこなされこの分野の治療も得意とされています。ますます学問の幅をひろげ、鍼灸界にこのひとありといわれるような鍼灸師になられて、困っている患者さんのために鍼灸治療を実践していただくことを祈念しております。

2011年9月 長野県佐久市 水嶋クリニック 院長 水嶋 丈雄